M&Aとはどう言う意味?

M&Aとは企業の買収や合併を指し、英語のMegers and Acquisitionsの略です。幾つかの企業を一つの会社にしたり、企業の株式や事業を買い取ることを意味します。M&Aのやり方には株式譲渡や事業譲渡、株式交換や株式移転など様々な方法があります。特に株式譲渡は株式を取得するだけで行えるので、手続きも簡単です。売る側にとっても会社はそのまま存続することになるので、安心感があります。

M&Aと言うと上場企業家大手企業だけが行うものと思いがちですが、近年では事業拡大の一環や事業戦略の一つとして中小企業のM&Aも増えているのです。さらに人口減少によって人手不足となり、人材確保のためにこれからもM&Aが増加すると予想されています。

M&Aのメリットとは?

売る側の企業のメリットは後継者問題の解決や創業者の利潤の確保、社員の雇用継続が挙げられます。後継者問題のある会社なら役員や社員、顧客に迷惑を掛けずに事業承継が出来ます。また創業者の利潤もきちんと確保されるので、引退後の資金に困ることも少なくなります。そのまま社員も雇って貰えるので、今までの経験やスキルを生かして新しい仕事に取り組めるのもメリットです。

買収する側のメリットは経営課題の解決です。戦略的にM&Aを利用すれば自社の課題を解決でき、高収益が出る企業に近づけます。また実績のない分野の企業などを買収すれば事業の幅が広がり、新たな部門も作れます。新しい人材も入ってくるので、社員のモチベーションアップにも繋がるのです。

M&Aとは、2つ以上の会社が一つに合併したり、ある会社が他の会社を買収したりすることです。広義では業務提携を指すこともあります。