事業継承とはどのようなものか

ひとりの社長が、ずっと社長をし続けることはできません。いずれ社長職を引退しなければなりません。その際に必要となることが、事業継承です。これまで培ってきた事業を、子どもなどの親族や従業員、取引先などに事業を継承させたり、譲渡することが必要となります。事業継承をうまく行うことは、それまで勤めていた従業員の生活をこれからも確保するためにも、そして培ってきた技術を途絶えさせないためにも重要です。そのような事業継承をうまく行うための秘訣を紹介します。

社員の理解を得るための行動をまず行う

事業継承に、まず必要となることが社員の理解を得ることです。それまでの経営者と変わるとなると、仕事の仕方も変わるのではないかといった不安が付きまとうものです。そのような不安を払拭せず、社員の理解を得ないまま事業継承を進めてしまうと、重要な作業を行う社員がやめてしまう可能性もあります。そのような事態を避けるためにも、事業継承を本格的に行いだす前に、継承者の周知や理解を進めていくことが必要です。

代表権の継承を段階的に

事業継承は、いきなりある日行うものではありません。社員の理解を得ながら進めていったならば、代表権の継承は、いきなり継承者へと行うのではなく、徐々に、段階的に進めていきます。いきなり全権を継承してしまうと、運営をひっかきまわしてしまうかもしれません。

会社の所有権・財務的な責任の継承

社員の理解を進めながら、代表権を段階的に継承していったならば、会社の所有権や財務的な責任の継承を進めていきます。会社の所有権とは、株式の継承であり、財務的な責任とは、債務保証のことです。税金や遺言、保証人などといった細かな手続きが関係するので、専門家と相談しながらすすめていくことが勧められます。

事業承継とは、会社の事業を引き継ぐための行為です。家族や会社内で後継者を選んだり、他の会社に引き継いでもらったりして会社を今の事業者から引き継いでもらいます。