そもそもオリジナルショッパーとは

会社名やロゴマークなど、デザインを自由に印刷できるのがオリジナルショッパーの魅力です。宣伝効果を見込めるだけでなく、ブランドイメージも高めてくれます。好きなサイズを選べるので、用途に合わせて最適な紙袋が作れるはずです。箔押しやリボン、エンボス加工といった様々なカスタマイズにも対応しています。

まずは問い合わせてみよう

オリジナルショッパーを作りたいときは、紙袋の印刷会社に問い合わせてみるのがおすすめです。ある程度のイメージを伝えるだけで、シーンに合った紙袋を提案してもらえます。シンプルな紙袋なら納期が10日前後から、最小ロットは100枚からが一般的です。用紙はもちろん、紐の種類や取り付け方も自由に選べます。

規格サイズならオーダーも簡単

規格サイズはオーダーが簡単なので、初めての方でも迷う心配はありません。正面とマチの幅は固定ですが、高さを変更できる場合が多いのでおおよそのサイズはカバーできます。単価が低いためなるべく安く作りたい方にも最適です。印刷の色数を1色にすれば、既製品とほぼ変わらない価格で作ることもできます。

フルオーダーにチャレンジしてみよう

フルオーダーならサイズやデザインに制限がなく、世界に1つだけのオリジナルショッパーを作れます。裏表を別柄で印刷するなど、細部にまでこだわって作れるのが魅力です。規格サイズと比べると単価は高めで、納期は1か月前後、最小ロットは500枚のところが多くなっています。手触りや質感は事前にサンプルで確認できるので、ぜひ気軽にチャレンジしてみて下さい。

紙袋の印刷は商品名や店名などを宣伝するのが主な目的ですが、紙袋の用途を考慮しないと悪い印象が付くことがあります。印刷する事柄と紙袋の用途が相反しないように、複数の種類を使い分けるなどの工夫が必須です。