ネットサービスのアカウントを教えていることになる

メールアドレスはいろいろなサービスで取得することが可能です。そのため、プロバイダと契約したときにもらえるアドレスや携帯電話会社と契約したときにもらえるアドレスなど、一人で複数のアドレスを持っている人が大半でしょう。

ただ、複数のメールアドレスを使い分けるのは面倒なので一つに絞っているという人もそれなりに多いはずです。しかし、セキュリティ的に一つのメールアドレスを使い回しするのはあまりいいとはいえません。場合によっては個人情報漏洩にもつながってしまうでしょう。

なぜ利用するメールアドレスが一つだけというのはよくないのかというと、近年、ネットサービスのアカウントとして用いられるケースが増えているためです。一つのアドレスを使い回している人は、その段階でいろいろな人にアカウントを教えていることになります。もし、パスワードがばれてしまったら、利用しているネットサービスにアクセスされて保存している情報を勝手に見られる恐れがあるのです。

登録サービスごとにアドレスを用意すればさらに安全

個人情報を守るためには、最低限、ネットサービスのアカウントとして利用するメールアドレスと、友人とのやりとりなどに利用するアドレスを分けるようにしましょう。メールサービスによってはエイリアス機能というものを使い、現在、利用しているアドレスにプラスやドットをつけて任意の文字列を足し、増やせる場合もあります。こういった機能を使えば、ネットサービスごとに登録するメールアドレスを用意できるので、仮にアドレスの漏洩が起きてもほかのサービスのアカウントとして使っているメールアドレスがばれることはなく、さらにセキュリティを向上させることが可能です。

機密文書は保管だけでなく廃棄も重要な為、シュレッダーが不可欠です。性能の優れたシュレッダーを文書廃棄に活用する事で、機密性は高くなります。